|刊行情報| SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡 井上彼方/編

ウェブで開催した「かぐやSFコンテスト」から生まれたSFアンソロジーの新シリーズ《新月》が、クラウドファンディングを成功させて始動!

累計740名超が参加した小説コンテストで輝きを放った25名の筆者によるSF アンソロジーを、クラファンで333 名が立ち上げを支援したSFの新レーベル Kaguya Books の書籍第一弾として刊行します!


SFを、もっと。

生きたまま襟巻きになるキツネ、世界を再創造する検閲、時を駆ける寿司、オレンジ様を育てる気球ドローン……知らない世界を旅してみたら、心がちょっと軽くなる。
ウェブで開催された「かぐやSFコンテスト」から生まれたSFアンソロジー、クラウドファンディングを成功させて始動!

目次

はじめに

<第一章 時を超えていく>

三方行成「詐欺と免疫」

一階堂洋「偉業」

千葉集「擬狐偽故」

佐伯真洋「かいじゅうたちのゆくところ」

葦沢かもめ「心、ガラス壜の中の君へ」

勝山海百合「その笛みだりに吹くべからず」

<第二章 日常の向こう側>

原里実「バベル」

吉美駿一郎「盗まれた七五」

佐々木倫「きつねのこんびに」

白川小六「湿地」

宗方涼「声に乗せて」

大竹竜平「キョムくんと一緒」

赤坂パトリシア「くいのないくに」

<第三章 どこまでも加速する>

淡中圏「冬の朝、出かける前に急いでセーターを着る話」

もといもと「静かな隣人」

苦草堅一「握り八光年」

水町綜「星を打つ」

枯木枕「私はあなたの光の馬」

十三不塔「火と火と火」

<第四章 物語ることをやめない>

正井「朧木果樹園の軌跡」

武藤八葉「星はまだ旅の途中」

巨大健造「新しいタロット」

坂崎かおる「リトル・アーカイブス」

稲田一声「人間が小説を書かなくなって」

泡國桂「月の塔から飛び降りる」

『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』ができるまで

シリーズ名『新月』の由来 久永実木彦

挿画・装幀:谷脇栗太
発行:Kaguya Books


 Kaguya Books 

月間130 万PV を誇るSFメディア〈バゴプラ〉が、SFの書籍レーベル Kaguya Books を立ち上げました。かぐやSFコンテスト、オンラインSF誌〈Kaguya Planet〉と共に、ウェブ媒体と紙の書籍を繋ぐプロジェクトで日本のSFを盛り上げていきます。


編者:井上彼方
SF企業VG プラス(バゴプラ) が運営するオンラインSF誌〈Kaguya Planet〉のコーディネーター。第一回/ 第二回かぐやSF コンテスト審査員。Kaguya Books 編集者。1994年生まれ。フェミニスト。編著書に『社会・からだ・私についてフェミニズムと考える本』( 社会評論社)。

2022年8月29日刊
SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡
井上彼方 /編(発行:Kaguya Books)
定価=本体2700円+税 ISBN978-4-7845-4147-8 B6判並製384頁

購入サイト(外部リンク)

投稿者: 社会評論社 特設サイト 目録準備室

社会評論社 SHAKAIHYORONSHA CO.,LTD.