|刊行情報| ノモンハン戦記を読み解く  佐々木健悦 /著

 

1939年夏に勃発した満洲国(日本)と モンゴル人民共和国(ソ連)間の国境紛争。

その戦史を紐解くと、現代日本の政官界の 「改竄」「抹消」「隠蔽」の原型を見ることができる。 まさに「歴史は現在と過去の対話」(E・H・カー)である。

【余禄】隠蔽された記憶遺産 モンゴル抑留吉村隊「暁に祈る事件」


目次

第一話 ノモンハン戦の勝敗

第二話 張鼓峯事件と第一次ノモンハン戦

第三話 日本軍のノモンハン戦敗因

第四話 ソ蒙軍の八月大攻勢と関東軍の九月反攻構想

第五話 政治粛清とジューコフ

第六話 モンゴル族兵士たちのハルハ川戦

第七話 欺瞞のノモンハン報道

第八話 欺瞞の戦後処理

第九話 ハルハ川の主戦場と戦跡

第十話 ハルハ川戦勝記念

終 話 ウクライナ紛争に問題提起


著者紹介

佐々木健悦(ささき・けんえつ)
1947年、宮城県志田郡三本木町(現・大崎市三本木)に生まれる。東京外国語大学モンゴル語学科を卒業、同大ロシア語学科に学士入学在籍、その後、千葉県下の高校で英語教員。2008年3月退職。同年4月からモンゴル国の大学で、約1年間、日本語教師を務めた。その後、ウランバートル市の『モンソダル』社でモンゴル語日本語辞典の編纂に携わった。2010年7月からモンゴル国営モンツァメ通信社に勤務し、日本語週刊紙『モンゴル通信』の編集翻訳と日本語監修に従事、2012年8月退職。

著書『検証◎民主化モンゴルの現実』『徳王の見果てぬ夢―南北モンゴル統一独立運動』『脱南者が語るモンゴルの戦中戦後1930~1950年』『現代モンゴル読本』『コトバニキヲツケロ!現代日本語読本』『現代モンゴル読本増補改訂版』『こんな人たち 自治体と住民運動』いずれも社会評論社。「消される記憶遺産―モンゴル抑留吉村隊『暁に祈る』事件」で第7回石橋湛山平和賞を受賞。専門はモンゴル近現代史、社会言語学、自由民権論。

2023年1月13日刊
ノモンハン戦記を読み解く
佐々木健悦 /著
定価=本体1700円+税 ISBN978-4-7845-1382-6 46判並製216頁

 

購入サイト(外部リンク)

投稿者: 社会評論社 特設サイト 目録準備室

社会評論社 SHAKAIHYORONSHA CO.,LTD.