|刊行情報| トロツキーと戦前の日本 ミカドの国の預言者  森田成也 /著

*知られざる戦前日本のトロツキー

「トロツキーの思想はさまざまな形で日本の知識人に影響を与えたし、あるいはトロツキーの動向は途絶えることなく日本の知識人やジャーナリストの関心の対象であった。

とくに彼の文学論や日常生活論は、1920年代後半に一種のブームにさえなったし1924~27年の党内論争に対しては左翼の狭いサークルを越えた関心を日本の知識人の間に掻き立てた。

トロツキーが流刑や国外追放の憂き目に遭ってからも、彼の著作や論文は、太平洋戦争が勃発する直前まで、日本で翻訳され続け、議論され続けた。

とくに、ソ連のモスクワ裁判や赤軍粛清事件で全世界が揺れた1936~38年には、トロツキーは日本の雑誌で最もその名前が言及される人物にさえなった。

左右問わず多くの知識人たちが、モスクワ裁判とその真相をめぐって、トロツキーの陰謀の有無、スターリンとの長年の相克、スターリンの企図について、文字通り口角泡を飛ばして激しく論じ合った。」(本文より)


第1章 戦前日本におけるトロツキーとマルクス主義
第2章 トロツキーの日本論―日露戦争から「田中メモ」まで
第3章 トロツキーと会った日本人たち—ニューヨーク時代から日本亡命計画まで
第4章 日本人はモスクワ裁判をどう見たか
第5章 『現代新聞批判』における延島英一のモスクワ裁判批判
第6章 戦前日本におけるマルクス主義翻訳文献の歴史—その発展と衰退
付録1 戦前日本におけるトロツキー文献目録
付録2 トロツキー「『日常生活の諸問題』日本語版序文」

著者紹介
森田成也 もりた・せいや 大学非常勤講師。著作に『家事労働とマルクス剰余価値論』桜井書店、『新編マルクス経済学再入門 上下』『マルクス剰余価値論形成史』『ヘゲモニーと永続革命』以上、社会評論社、『「資本論」とロシア革命』柘植書房新社、ほか。翻訳書にデヴィット・ハーヴェイ著『新自由主義』『<資本論>入門』『反乱する都市』いずれも作品社(共訳)など。

2022年9月12日刊
トロツキーと戦前の日本 ミカドの国の預言者
森田成也 /著
定価=本体2700円+税 ISBN978-4-7845-1894-4 A5判並製312頁

 

購入サイト(外部リンク)

投稿者: 社会評論社 特設サイト 目録準備室

社会評論社 SHAKAIHYORONSHA CO.,LTD.